7月18日、門別競馬場で行われました2歳未勝利(ダ1000m)でロジユニヴァース産駒モリデンワルツ(母モリデンヴィーナス/母の父ジェニュイン 生産牧場:森田 芳男)が好位3番手追走から直線で力強く抜出し快勝、初年度産駒第1号となる勝利を挙げました。
また、7月20日、門別競馬場にて行われましたJRA認定フレッシュCh競走(2歳新馬 ダ1200m)で同じくロジユニヴァース産駒ユニバーサルライト(母ベストミニオン/母の父シニスターミニスター 生産牧場:豊洋牧場)がハナを切り、直線ではどんどん他馬を突き放し、8馬身差の圧勝劇を見せてくれました。
新種牡馬ロジユニヴァース産駒の今後の活躍にご期待下さい。