10月4日、大井競馬場で行われました第51回東京盃(Jpn2 ダ1200m)でキングヘイロー産駒キタサンミカヅキ(母キタサンジュエリー/母の父サクラバクシンオー 生産牧場:広中 稔氏)が優勝しました。レースでは中団追走から4コーナーで外へ出し、直線で一気に末脚を爆発させ、並居るJRA強豪勢を豪快に差し切りました。これで南関東移籍後初戦のアフター5スター賞に続く重賞2連勝、更なる活躍が期待されます。