プリサイスマシーンが先の中日新聞杯(G3)を1’46’3のコースレコードで昨年に続き連覇を達成いたしました。その前走のマイルチャンピオンシップ(G1)では見せ場十分の5着であったことから、このレースでは断然の1番人気に支持されましたが、その期待に応える完璧な勝利でした。この勝利で今年マヤノトップガン産駒はチャクラの目黒記念(G2)勝ちに続く重賞2勝目を飾り、期待の内国産種牡馬への道を着々と歩んでおります。