2月21日午前11時より優駿スタリオンステーション特設会場において、2012年種牡馬展示会が開催されました。当日は同町内のビッグレッドファームとの同日開催につき多くの関係者にお越し頂き、寒風の中にもかかわらず約500名の来場者を集めて全15頭をお披露目することが出来ました。今年度は仏3歳王者に輝いたベーカバドが新たにラインナップに加わり、その見事な好馬体に来場者の視線を釘付けにしました。また、昨年168頭に交配し、今シーズンも早々に満口となった人気種牡馬カネヒキリ、初年度産駒が好調な走りを見せるファスリエフやサムライハート等、交配シーズンを直前にして真剣な眼差しで皆様にご覧頂きました。他、看板種牡馬のキングヘイロー、マヤノトップガン、マーベラスサンデーも展示され、盛況の内に本年の展示会は終了致しました。