5月21日、門別競馬場で行われましたJRA認定フレッシュチャレンジ競走(2歳、ダ1000m)で、カネヒキリ産駒のコールサインゼロ(牡2歳)が3馬身差を付ける余裕の勝利で見事産駒の初陣を飾りました。 好スタートから道中は外目の3番手を追走。最終コーナー手前で軽く気合いを付けられるとそのまま先頭に並び掛け、ゴール前では流す程の余裕で3馬身差を付けての圧勝劇でありました。勝ちタイムは1分02秒1(良)。 今年から産駒をデビューさせますカネヒキリ、その初年度産駒は99頭が血統登録されております。ダート競馬史上最強馬として君臨した父に継ぐ産駒の出現を今からご期待下さい。