5月22日、門別競馬場で行われましたJRA認定フレッシュチャレンジ競走(2歳牝馬、ダ1000m)で、今年から産駒がデビューとなる新種牡馬ローレルゲレイロの産駒ウールーズ(牝2歳)が直線の激しい追い比べを制して勝利、見事産駒の初陣を飾りました。
スタートで出脚がつかず道中は後方追走も、徐々に仕掛けられて最終コーナーでは先行集団の直後まで進出。直線で外に出されてから追われると更にその外から追い上げてきた馬との激しい追い比べとなりましたが、結局は1度も先頭を譲ることなくゴール致しました。この時期の若駒にとって非常に厳しいレースでありましたが、すばらしい勝負根性を発揮しての勝利に今後の飛躍を感じさせました。勝ちタイム1分02秒9(良)
スプリント王者に輝いた父から伝わる産駒のそのスピードに是非ご注目下さい。