阪神C(G2)を2連覇等、得意の芝1400~1600m戦で大活躍を致しましたサンカルロ(牡9歳、黒鹿毛、父シンボリクリスエス)がこの程現役を引退、1月5日に繋養先となる優駿スタリオンステーションへ入厩致しました。
同馬は2~8歳迄の長期に渡って活躍し、通算49戦6勝、2着4回、3着6回という成績を残しました。また、重賞では阪神C(G2、芝1400m)の2連覇に加え、ニュージーランドT(G2、芝1600m)、阪急杯(G3、芝1400m)に4勝、G1レースにおいても高松宮記念(G1、芝1200m)で2着2回、スプリンターズS(G1、芝1200m)でも3着となる等、G1級の競走能力を証明しております。
父はサイアーランキングで上位に君臨するシンボリクリスエス、母系は祖母ミスセクレトが伊2歳牝馬チャンピオンと活力に溢れ、その優秀な遺伝子を伝えております。また、配合面ではサンデーサイレンス系牝馬との交配が可能であり、種牡馬としての将来性を感じさせます。
高いスピード能力に加え、父譲りの雄大な好馬体を誇る同馬。今後の種牡馬としての活躍にご期待下さい。