1月13日、中山競馬場にて行われました黒竹賞(3歳500万下 ダ1800m)でベーカバド産駒デアフルーグ(母パイクーニャン/母の父フレンチデピュティ 生産牧場:隆栄牧場)が優勝しました。
レースでは五分のスタートからすぐさま控え後方4番手追走、3コーナー過ぎから進出し4コーナーで先団を射程圏に入れると、直線で後続に5馬身差を付け圧勝しました。
本馬はこれで新馬から負けなしの連勝でオープン入り、今後更なる活躍が期待されます。