クラブ法人・ローレルクラブの代表馬カネツフルーヴがこの程、種牡馬となるべく優駿スタリオンステーションへ入厩いたしました。父パラダイスクリーク、母に名牝ロジータを持つ同馬は、帝王賞、川崎記念等2つのビッグレースを制し、中距離ダートのスペシャリストとしてまさに一時代を築き上げました。2006年に産まれてくる産駒の中から父を超えるような、それがローレルクラブの募集馬であったなら・・・。こんなドラマを是非見たいものです。