10月14日、大井競馬場で行われました南関東2歳重賞・ハイセイコー記念(S2、ダ1600m)で、カネヒキリ産駒のトロヴァオ(牡2歳)が直線大外から豪脚を繰り出して快勝、北海道からの移籍初戦を見事重賞制覇で飾りました。
単勝3番人気の支持を集めた同馬は好スタートから道中は4番手のインコースを追走。最終コーナー手前から仕掛けられ、直線で大外に持ち出されるとそこからグングン加速して先行各馬をまとめて差し切る強い内容。「直線で抜け出した後、馬がまだ遊んでいた」とのレース後談話から余裕の競馬であったことが窺えます。(通算4戦2勝)
この勝利により暮れの全日本2歳優駿(Jpn1)への優先出走権を獲得すると同時に、来年の南関東クラシックに向けて期待が大きく膨らむこととなります。今後の同馬の活躍に是非ご注目下さい。