春の東京競馬の悼尾を飾る第23回エプソムC(G3)は、最後の直線で激しいたたき合いとなり、大激戦の末にトップガンジョー(牡4歳)が見事勝利し待望の重賞初制覇を飾りました。道中は好位5番手の外を折り合い良く進み、直線で断然1番人気のSS産駒マチカネキララを競り落とすと、猛然と追い込んできた後続勢の末脚を封じ込んでの勝利でありました。3歳時にはスプリングS(G2)で3着、皐月賞(G1)に出走するなど高い素質を見せておりましたが、一方で気性が災いし凡走することも度々。しかし古馬になって馬体・気性両面で更に一皮剥けたあたりはやはりマヤノトップガン産駒らしい成長力というところでしょうか。今が伸び盛りの4歳、今後は更に重賞勝鞍を重ねいずれはG1の大舞台で・・・・・、そんな予感をさせるレースでありました。