2月20日午前11時より優駿スタリオンステーション特設会場において、2008種牡馬展示会が開催されました。日高各地で連日のように展示会が開催される中、天候にも恵まれ約500名の来場者を集めて種牡馬がお披露目されました。今年度はファスリエフ、シーキングザダイヤ、サムライハート、クーリンガーの4頭の新種牡馬を始め、キングヘイロー、マヤノトップガン、マーベラスサンデーなどの人気種牡馬含む総数22頭が関係者の熱い視線の中で一斉に展示されました。尚、同日シーキンザダイヤのオーナー・青山洋一氏、トレーナー・森秀行調教師が来場、展示会の冒頭でご挨拶され、同馬に対する期待を熱く述べられれました。