2008年度の優秀な活躍馬を称える「JRA賞」がこの程発表されました。優駿スタリオンステーション種牡馬関連では、マーベラスサンデー産駒のキングジョイが京都ハイジャンプ(JG2)、中山大障害(JG1)を連勝し、見事に最優秀障害馬に選出されました。今年は障害界のエースとして更なる活躍が期待されます。また、注目の年度代表馬には牝馬ながら安田記念(G1)、天皇賞・秋(G1)を制したウオッカが選出されました。特に2008年は牝馬が大活躍し、ウオッカ以外にもダイワスカーレット(有馬記念)、ブルーメンブラッド(マイルチャンピオンシップ)、スリープレスナイト(スプリンターズS)が牡馬との混合G1レースに優勝、まさに牝馬の年を象徴した受賞であったと言えましょう。関係者の皆様に心より祝福申し上げます。