サンデーサイレンスの名マイラーとして活躍、この程現役生活を終えたウインラディウスが優駿スタリオンステーションに入厩してまいりました。京王杯スプリングC(G2)、富士S(G3)、東京新聞杯(G3)の3つの重賞を制覇、また生涯で2度のレコード勝ちをマークしたそのスピードと切れ味は、サンデーサイレンス産駒の活躍馬の多くに共通するものであります。現在は今春の交配シーズンに向けて調整中ですが、500キロを超える黒鹿毛の馬体は一際目立ち、またサンデーサイレンス×マルゼンスキーの配合はあのスペシャルウィークを彷彿とさせます。サンデーサイレンス系成功種牡馬を目指して、種牡馬戦線突入!