3月21日、浦和競馬場で行われました南関東牝馬クラシック第1弾・桜花賞(ダ1600m)をキングヘイロー産駒のイチリュウが見事な逃げ切りで圧勝致しました。
単勝2番人気に支持され挑んだこのレース、最内枠からのスタートも果敢に先手を取り、道中は主導権を握る。3コーナー過ぎから更にリードを広げると直線もしっかり脚を伸ばし、最後は2馬身半差を付ける快勝劇でありました。
前走のトライアルレース2着からの鮮やかな変わり身に次走クラシック第2弾・東京プリンセス賞では更なる期待が高まります。
尚、前走のトライアルレースを制してこのレースを1番人気で挑んだカイカヨソウは2着馬から更に後れること5馬身差の3着に敗れており、本番での見事な逆転劇でイチリュウの強さが証明されております。
今後の南関東牝馬クラシック戦線でのイチリュウの走りに是非ご注目下さい。