ゴウゴウキリシマが2006年3歳重賞第1弾・シンザン記念(G3)を1’34’4のレースレコードで見事勝利致しました。好スタートから先手を取ると道中ピッタリマークされる厳しい展開にもかかわらず堂々の逃げ切り勝ちを演じ、これで前走(千両賞)に続き連勝、通算勝ち鞍を3と致しました。同馬はキングヘイローの2年目産駒、他にも次々と勝ち馬を輩出しており、キングヘイロー産駒は芝・ダート、距離の長・短を問わないのが特徴であります。血統も父は名馬ダンシングブレーヴ、母は米最強牝馬グッバイヘイローという世界の名血中の名血であり、父の新たな後継馬として産地では熱い期待がかけられております。