7月3日、川崎競馬場で行われました牝馬の交流重賞・第17回スパーキングレディーC(Jpn3、ダ1600m)で、キングヘイロー産駒のメーデイアが(牝5歳)がTCK女王盃→マリーンCに続く圧勝の連続で見事に交流重賞3連勝を飾りました。
レースでは好スタートから道中は逃げるサマリーズの2番手を行きっぷり良く追走。最終コーナーで先頭に並び掛けると直線半ばでは早々に勝負を決し、最後は流す余裕での圧勝劇でありました。現在この路線ではNo.1の座に躍り出た感のある同馬ですが、今秋の最大目標であるJBCレディスクラシック(Jpn1)制覇に向けて今後も更なる強い走りが期待出来ることでしょう。
是非ご注目下さい!