5月25日、門別競馬場で行われました第53回赤レンガ記念(H3、ダ2000m)で、サムライハート産駒のオヤコダカ(牡4歳)が3コーナー過ぎから早目先頭に立つ積極的な競馬で快勝、昨年の王冠賞(H2)以来の重賞4勝目を飾りました。
大逃げを打った1番人気のナムラビクターの離れた2番手でレースを進めた同馬は3コーナーで早くも先頭に並び掛け、そのままゴールまで押し切る強い内容での勝利でありました。
2歳~3歳~古馬と調子の波がなく、常にトップクラスでの活躍を続ける同馬には今後の道営競馬を背負って立つ可能性が感じられます。今後の走りに是非ご期待下さい。