5月18日、大井競馬場で行われました大井記念(S2、ダ2000m)で、ヘニーヒューズ産駒のケイアイレオーネ(牡6歳)が好位追走から直線で後続を突き放して圧勝、中央時代に続いて重賞3勝目を挙げました。
単勝1番人気に支持された同馬は道中は好位3番手を抜群の手応えで進む。3コーナー過ぎから馬也のまま上がっていくと最終コーナー手前で早くも先頭に立ち、直線では追ってくる後続馬を豪快に突き放し4馬身差を付けての圧勝劇でありました。
これにより重賞勝利は中央時代の兵庫ジュニアグランプリ(Jpn2)、シリウスS(G3)に続く3勝目となり、次走に予定される帝王賞(Jpn1)への優先出走権を獲得致しました。
6歳にして再び輝き始めた同馬の今後の活躍にご注目下さい。