3月4日、リニューアルとなった中京競馬場で行われました第48回中日新聞杯(G3、芝2000m)で、マーベラスサンデー産駒のスマートギア(牡7歳)が最後の直線を力強く伸びて快勝、見事重賞初勝利を飾りました。道中は中段を折り合い良く追走、4コーナー手前で仕掛けられると直線では馬場の真ん中を力強く伸び、最後は1馬身3/4差を付ける快勝でありました。これまでも重賞では惜しいレースを繰り返し、重賞制覇は時間の問題と見られていただけに、力通りの決着に今後の更なる活躍が期待されます。 マーベラスサンデー産駒は一度上昇気流に乗ると息の長い活躍をするのが大きな特徴で、本馬も今後は更なる重賞タイトル数を伸ばしていくことでしょう。その走りに是非ご注目下さい!