2009年のNHKマイルC優勝馬ジョーカプチーノ(牡6歳、芦毛、父マンハッタンカフェ)が10月1日、種牡馬となるべく優駿スタリオンステーションへ入厩致しました。現役時代の同馬は早くからマイラーとしての適性を発揮し、3歳時にG3ファルコンSで重賞初制覇を飾ると、G2ニュージーランドT3着を挟んで迎えたG1NHKマイルCでは道中2番手から直線で抜け出し、1分32秒4のレースレコードで快勝。
見事3歳マイル王の座に就くと共に、この年父マンハッタンカフェがチャンオイオンサイアーに輝く原動力ともなりました。また、古馬となってからもG3シルクロードSに優勝し、短距離G1戦線のトップホースとして長らく君臨致しました。優駿SSに到着したこの日、出迎えたスタッフや報道陣を前に毛色こそ違え父を彷彿とさせる雄大な好馬体を披露、マンハッタンカフェ初の後継種牡馬としての期待の高さを伺わせました。
ジョーカプチーノの初年度産駒は2016年デビュー予定、その活躍を是非ご期待下さい。(2013年種付料は現在未定)