2009年優駿スタリオンステーション繋養種牡馬の種付頭数がこの程まとまりました。今年は繋養頭数21頭体制で869頭(前年1,141頭)に種付を行いました。前年比では減少となりましたが、G1高松宮記念優勝馬ローレルゲレイロを送り出したキングヘイロー(109頭)を始め、マヤノトップガン(100頭)、サムライハート(114頭)、ファスリエフ(101頭)らが人気のバロメーターとなる100頭を超える種付を行い、生産者の皆様から高い評価を得ております。しかしながら、長引く馬産地不況で年々生産頭数が減少していく中、種牡馬の淘汰もまた大変厳しいものとなっております。このような中でも我々は将来を見据えより質の高い種牡馬を積極的に導入し、皆様のニーズに応えるべく日々取り組んでおります。