1月15日、浦和競馬場で行われました3歳重賞・第57回ニューイヤーC(S3、ダ1600m)で、オンファイア産駒のファイヤープリンスがゴール前での激しい競り合いを制し、重賞初制覇を果たしました。
スタートで出遅れ、道中は最後方を追走する厳しい展開。しかし、向正面から徐々にポジションを上げ、最終コーナーを2番手で回ると、直線では先に抜け出した1番人気馬との激しい叩き合いを制しての見事な勝利でありました。これまでも好位・中団・後方からとどの位置からからでもレースが出来る自在性は今後大きな武器となるでしょう。
今年の南関東クラシックの行方を占うこの一戦に勝利し、一冠目の「羽田盃」に向けて視界は大きく広がりました。同馬の今後の走りに是非ご注目下さい。