5月28日、東京競馬場で行われました伝統の重賞・第125回目黒記念(G2、芝2500m)で、マヤノトップガン産駒のキングトップガン(牡8歳)が単勝7番人気ながら積極果敢なレース運びで勝利し、見事重賞初制覇を飾りました。道中は2番手を折り合い良く進み、直線入り口では早くも先頭を伺う展開。ゴール前では追い込んでくる後続馬たちうを尻目に最後まで脚色は衰えることはなく、そのまま有力馬たちを抑え込んでの会心の勝利でありました。尚、この勝利によりマヤノトップガン産駒の同レース優勝馬はチャクラに次いで2頭目となり、中長距離で勝負強いという産駒の特徴を遺憾なく発揮しております。キングトップガンの今後の活躍に是非ご期待下さい。